作品展スケジュール  画像をクリックすると詳細が表示されます

2018年11月21日(水)ー11月25日(日)
滝本ユサ展 ー2018

今回も消え入るような細かい線で立体をつくってみました。
”ある何かがかすかな気配で、でもたしかにそこにある”といった風に・・・・滝本ユサ

<賛助出品> 幸田庄二 橋本健治 山田眞紀子
<賛助出演> 橋本例子
11月23・24・25日 午後3〜4時 れいんぐハンド研究室
手のツボ体験 & ひょうたん笛演奏

賛助出品をされる幸田庄二さんは<愚か者>をテーマに制作されております。シナベニヤパネルにアクリル、ウレタンなどミクストメディア作品を発表いたします。
橋本健治さんはジャンルに定義されない作者自身の発想による「網戸絵」を発表。アルミサッシの「網戸」を転用し、絵画の表現性を拡張する試みをされています。
山田眞紀子さんはポリプロピレン板にアクリル絵画を使い、光の透過で位相する空間のインスタレーションを発表いたします。

2018年11月27日(火)ー12月2日(日)
ニット二人展 榎本レイ子・瀬間久美子
― 模様空間と大人色の時間 ― 二人で歩んできた道

今回で6回目の作品展になります。
2人共、年1回東京のニットフェスタに出品してきましたが、ニットフェスタも昨年からなくなり大物を作る機会がなくなってきました。
今回はニットフェスタの回顧展を兼ねての作品展にしたいと思います。
見て楽しんでいただける作品と、セーター、小物の販売もいたします。
どこにでもあるけど、どこにもないニットを作りたいと思っているふたりです

2018年11月27日(火)ー12月2日(日)
植浦加代子展 ー紙の変容 vol.2 ー

紙材を溶かし、固めた独自の「紙」に心象を重ねた大小30点程度の作品を展示します。
染める、削る、揉む… といった「紙」との感覚、感触を主体に、紙が変容する風合いや質感の面白さを 表現しています。

2018年12月5日(水)−9日(日)
レターアーツ作品展 2018

芦屋のカリグラフィー教室『スタジオ レターアーツ』で学ぶ受講生と講師による作品展。
伝統的なカリグラフィーから文字の造形作品まで約70点を、ギャラリー全フロアーに展示します。
様々な文字の表情を是非ご覧ください。

Page Top

お問い合わせ/CONTACT



ご意見、ご感想など
お寄せ下さいませ。

GALLERY北野坂 所在地

神戸市中央区山本通1-7-17
WALL AVENUE 2.3.4F
tel&fax 078-222-5517
※月曜休廊
AM 11:00~ PM 6:00

ギャラリー北野坂 Facebook