作品展スケジュール  画像をクリックすると詳細が表示されます

冬期休廊

2020年12月24日(木)−2021年2月1日(月)
冬期休廊

誠に勝手ながら上記期間はお休みをいただいております。
お問い合わせは電話もしくはメールにてご連絡いただけると幸いです。

2021年2月19日(金)−3月7日(日)※2/22,3/1月休
今も創っています。demonstration 持田総章展

以下の日程にて午後会場で制作しております。
2/19~23,24~28,3/2,5~7
;:l こんなコロナ禍のときに個展をするなんて何やら酔狂な感じがするけれど、今だからこそ自分なりのメッセージを社会に発信しなければならないと考えました。ふりかえると、長い間制作を続けてきて飽きもせず今も創っているんだなぁとひとり感慨に耽ったりしている今日このごろです。
制作のテーマはLOCATIONシリーズ「空気」で、長年の継続したコンセプトによるものです。基底材のフェルトを火によって加熱し炭化することによって、フェルトに内包されている空気を遮断もしくは拒絶する。この焼印(brand)を押す行為が制作の中たる作業です。空気のあるところと含まないところ、空気の内包と拒絶が画面を構成するのです。作品を観て「空気」について漠然とでも意識されることを願っています。
続きはこちら

2021年2月27日(土)−3月11日(木) 3/1休
プルートーの法則』/ takeshi Kubo 展

レッドトラバーチンが夕陽を誘って
毎日のように赤橙の空をみていた。
今回はそんな色に囲まれた空間になるかもしれない。
(後遺症がそうさせるかもしれない)

2021年3月6日(土)−3月11日(木) ※期間中休みなし
OUR RECORD 芝崎由華 沖中彩花 ガラス二人展

ガラスを学び6年が経ちました。
私たちはこれからそれぞれの道を歩み始めます。
この6年間の記録、今までに積み上げてきたものという意味をタイトルに込めました。
卒業の節目となる展示です。
たくさんの人に見てもらい、楽しんでもらえるような展示になっていることを願います。

2021年3月13日(土)−3月21日(日) 3/15休
三人展 それぞれの半世紀=反省期

三会場全てをつかって展示いたします。

作り続けることの意義=感謝の思いを込めてより自由に
人に会えなくても
旅に出れなくても
創造は自由に飛びかう

  藤本修三 北野正治 高澤圭多 プラス 山本一了

2021年3月9日(火)−3月14日(日)→2021年3月10日(火)−3月15日(日)→延期日程未定。
3rd Group Exhibition by GOTER13

お知らせ
誠に残念ですが、新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため、2020年より2021年に延期いたしましたが、状況が好転せず作品展開催をもう一度延期させていただきます。コロナが落ち着いてから時期をみて開催いたします。


權沃珍、金螺希、金永敏、李斗燮、秋智英、5名の韓国からのアーティストによる作品展です。
それぞれの個性あふれる作品をぜひご覧ください。

2021年3月23日(火)−3月28日(日)
佐藤順子写真展 Love 神戸

神戸に住まい置いて 60年を過ぎました。
日常の穏やかな生活が あの大震災ですつかり変わり果ててしまいました。街は跡形もなく壊れ、途方に暮れ、なすすべもなく ただ涙するのみでした。
神戸の街が気になり、北野近辺を歩いているとき、異人館の一つに「お風呂 入れます」との貼り紙を見つけ、さっそくお風呂にいれていただき、おいしい紅茶と手製のビスケットをご馳走になり、久しぶりに心温まるひと時を、いただいた記憶があります。
その時 これぞ神戸 と改めてこの街が愛しくなりました。

それからこの想いを留め置きたいとの思いで撮影を始め、27年近くになります。
この街を陰ながら支えてこられた人々、素敵な方々プロフィルを重ねた神戸の街の写真展となりました。
御協力くださつた方々に心から、感謝申し上げます。
楽しんでいただけたら嬉しいです。

2021年4月1日(木)−4月10日(土)※4/5月休
松野真理個展

45年間、毎年新しい絵を発表してきました。ですが病気のため、制作は足踏み状態となりました。
それでも、これからの励みになれば、という願いを込めて、これまでの作品のなかから厳選し、展示したいと思います。
私にとっては、どれも懐かしい絵です。長い変遷の一部を見てくださったら、うれしいです(陶器は、新作となります)。

 松野真理さんのホームページ

2021年4月1日(木)−4月10日(土)※4/5月休
松本武 個展 『パリそして日本』

パリ市街の風景を描き撮影し、
そして日本の大自然を撮影した作品を展示します。

平面ではアクリルを使って制作し、写真では合成のテクニックを使って作品を制作しています。
どちらも、風景を主に描き撮影しています。
平面作品にも写真作品にも人を入れず、今風に言えばロックダウンの街並みを描き撮り続けています。

準備中

2021年4月13日(火)−4月25日(日)
ダテカヨコ作品展

2021年6月22日(火)−6月27日(日)
上田恭子 織布展 Ueda Kyoko Weaving Works

お知らせ
来年2021年へと開催延期いたしました。


昨年に引き続き、織りによる作品展。
前回はモノトーンでしたが、今回はカラフルな織布の表裏を意識して仕上げています。
長年ミシンワークで薄物を手掛けてきて、布の表裏の面白さと利便性は理解していましたが、
今回あらためて織布の表裏の表現に迫ってみようと思います。

Page Top

お問い合わせ/CONTACT



ご意見、ご感想など
お寄せ下さいませ。

GALLERY北野坂 所在地

神戸市中央区山本通1-7-17
WALL AVENUE 2.3.4F
tel&fax 078-222-5517
※月曜休廊
AM 11:00~ PM 6:00

ギャラリー北野坂 Facebook Instagram